小川 智史

スタッフ紹介

全スタッフ間のスムーズな連携体制を確立させることが、今の自分に課せられたミッションです。

小川 智史

介護老人保健施設 庵みやこじま

介護職 | リーダー | 2019年入職

以前は留学経験を活かせる海外での就職を希望していたが、両親からの勧めで介護職を目指す。有料老人ホームで介護福祉士、リーダー、施設長とキャリアを重ね、2019年に「庵みやこじま」へ入職。一般からスタートし、サブリーダーを経て、現在は介護職のスタッフを管理するリーダーとして活躍。利用者様と職員が、快適に過ごせる施設をつくるため奮闘している。

『庵みやこじま』へ入職したきっかけを教えてください。

『庵みやこじま』へ入職したきっかけを教えてください。

元々は、留学経験を活かし海外で就職したいと思っていました。ですが就職先が決まらず、結局日本へ戻ることに。介護職を目指したのは、「人と話すのが好きやし、募集も多い介護の仕事を受けてみたら」と両親から勧められたからです。そこからヘルパー2級の資格を取り、有料老人ホームへ就職。介護福祉士の資格を取って施設長にもなり、長らく勤めていたのですが、次第に違うタイプの施設で新しいキャリアを積みたいと思うようになりました。それを当時お付き合いのあった秋桜会クリニックの院長に話したら、「うちの老健にきてみる?」と声をかけてくれたんです。以前からクリニックの雰囲気の良さは感じていましたし、何よりこの院長がいる所なら安心できると感じたことが大きな決め手となり、『庵みやこじま』へ入職しました。

お仕事のやりがいを教えてください。

お仕事のやりがいを教えてください。

他職種との連携が少しずつ取れていると感じるときです。老健は有料老人ホームと違い、ドクターや薬剤師、PT・OT、管理栄養士などさまざまな職種のスタッフがいる分、連携を取るのがとても難しいです。ですが、難しいからこその面白さを感じている所もあり、一つひとつの課題をクリアにしていくことが、やりがいにつながっています。リーダーという立場上、各部門の責任者と話し合う機会が多く、意見が食い違うこともたくさんあります。そうしたぶつかり合いの中でだんだんと腹を割って話ができるようになり、最近では距離を縮められたのか、他部門のリーダーが私の所へ相談にきてくれることが増えてきました。チームワーク確立のための第一歩を踏み出せたと思うと喜びも大きく、まだまだ可能性は広げられると思うとやる気も出てきます。

お仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

お仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

相手の立場に立った行動です。自分が病気にかかり入院してから気付いたことですが、職員の対応ひとつで、利用者様が快適に過ごせるか否かは大きく変わるものだとわかりました。スタッフが忙しそうだからナースコールをしたくても申し訳なくてできないと思う気持ちや、利用者様の都合を考えない介助をされる気持ち。自分が患者になり、これまで見えていなかった利用者様側からの視点をはじめて見られたような気がしました。復職後はスタッフや自分の行動を改めて見直し、後輩には「まずは利用者様のこと考えて介助をするように!」と伝えるようになりましたし、自分も相手の目線に立ったケアをより心がけ対応にあたれるようになりました。

大変なことはありますか?

大変なことはありますか?

特にスタッフ管理は大変だと思います。介護職はさまざまな利用者様の生活に深く関わる分、理不尽だと感じる場面も多い仕事です。ですので、経験の浅い方は感情の浮き沈みが頻繁に起こり、気持ち的に迷子になりがちです。日常生活の中で嬉しいことももちろんありますが、病気を抱えている利用者様から心ない言葉をあびることもあります。病気だから仕方ないと頭ではわかっているけれど、何度も続くとやっぱり怒りやストレスに変わってしまいますし、モチベーションを保ち続ける大変さはあるかもしれません。だからといって挫折してほしくはありません。せっかく同じ場所で働くからには、後輩たちには楽しさを見つけて働いてほしいですし、自分がそのための手助けをしたいとも思っています。誰かに打ち明けることで楽になる場合もきっとあるので、不安や悩み、愚痴でもいいので、何でも話してほしいですね。

これからの目標を教えてください。

これからの目標を教えてください。

現場のスタッフからの声を吸い上げながら、他部門とも円滑に連携がとれる体制をつくっていくことです。個人的な考えですが、介護施設は縦社会でなく横でつながっている、いわばひとつのチームで運営していくものだと思っています。意見が違うからと背中を向けてしまうのでなく、同じ職種同士であっても他職種であっても、得手不得手を補い合いながら、役割分担をして仕事をつないでいくことで、今よりもっと良い施設になれる可能性はまだまだ出てくると思うんです。そのためには、リーダー間だけで決めたことをただ共有するのでなく、現場に立つからこそわかるスタッフの声を拾い集め、形にすることが必要不可欠です。役職者だけでなく、スタッフみんなを巻き込んで施設を改善できるような基盤を固めていくことが、今の大きな目標です。

メッセージ

メッセージ

利用者様もスタッフも優しい方ばかりなので、働きやすさを感じていただけると思います。介護の仕事がはじめての方は基礎から指導し、段階を踏んで介助にあたっていただきますし、経験のある方は自分の強みや培った経験を活かしながら働ける環境です。これからの施設をさらに良くするためには、色々な視点からのあらゆる声が必要になります。はじめて介護職に就いて感じたことや外部で経験を積んだからわかる声など、意見は積極的に発信していただいてかまいません。開設から間もないこともあり、まだまだ可能性を広げられるという点では面白みも感じていただけるかと思います。働きやすい職場環境を、これから私たちと一緒につくっていきましょう!

一日のスケジュール

16:00出勤

出勤

申し送り事項を確認後、担当フロアへ行き排せつ介助を行います。他にも、オムツなどの消耗品の補充や記録物の記載漏れの確認、PC入力などの事務作業も行います。

17:00

申し送り

看護師から利用者様の状況確認や夜間対応の指示を仰ぎます。

17:30

夕食の準備

18:00

夕食

食堂へ来られた利用者様から順に、配膳、下膳、お薬の服薬介助を行います。食後に口腔ケアを行い、お手伝いが必要な方には排せつ介助、パジャマの更衣を行います。

20:00

就寝

夜勤は看護師を含めた3名体制です。主に排せつ介助や巡視、2時間置きの体位交換を行います。空き時間でフロアの清掃や事務作業を行います。

23:00

仮眠(2時間)

23時から翌1時、1時から3時、3時から5時と各2時間ずつ仮眠をとります。

6:00

起床

利用者様へお声かけをし、歯磨き、洗顔、着替えのお手伝い、排せつ介助を行います。

7:30

朝食

利用者様を食堂へ誘導し、配膳、下膳、服薬介助を行います。

9:00

夜勤者3名の内、1名は朝礼に参加し夜間報告を行います。他のスタッフは、ゴミ捨てや記録のまとめを行います。

10:00

退勤

インタビュー:2019年3月