溝手 雄人

スタッフ紹介

みんなやさしいから安心してスキルを磨いていける。まだまだ上を目指して勉強中です。

溝手 雄人

介護老人保健施設 庵みやこじま

介護職 リーダー | 正職員 | 2007年入職

専門学校生だった18歳のとき、秋桜会グループの整骨院でアルバイトをはじめる。柔道整復師・鍼灸師の資格を取得後、同グループに就職。より幅広い経験を積むため、2018年9月に介護老人保健施設「庵みやこじま」へ異動し、初めての介護職にチャレンジ。

『庵みやこじま』を選んだ理由を教えてください。

『庵みやこじま』を選んだ理由を教えてください。

実はまだ老健に来て7カ月、介護をはじめて1年経っていません。柔道整復師としてグループの整骨院に入社したので、以前はグループのクリニックやデイサービスで主に機能訓練を担当していました。老健に異動して介護職になったのは、将来的に施設全体を見られる立場を目指すために、柱となる介護の現場を知りたいという思いからです。

お仕事のやりがいを教えてください。

お仕事のやりがいを教えてください。

最初、介護はできないと思っていました。トイレ介助とか自分には無理だろうと。でも、全く苦じゃなかった。慣れもあると思いますし、無理ならクリニックに戻してもらってもいいし、と肩の力が抜けていたのが良かったのかもしれません。自分で言うのもなんですが、おむつ交換も上手になりました。柔道整復師を続けていても将来どうなるかわからなかったので、今いろいろなことを勉強できて手ごたえを感じています。

お仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

お仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

大切にしているのは、笑顔ですね。いつも明るくポジティブに。介護じゃなくてどんな仕事でも楽しくしたいなと思いますし、実際に楽しくさせてもらってます。みんないい人だし、仕事での悩みって本当にないんですよ。ちょっとしゃべらなかったら「調子悪いん?」と言われるくらい、1人でニヤニヤしています(笑)。

お仕事を通してどんなことが身につきましたか?

お仕事を通してどんなことが身につきましたか?

介護の現場に来て初めて分かったのは、やはり現場の現実。上の人には言えない愚痴も(笑)!?僕の立場は、上からのこともおりてきますが、下からの話も聞けます。下からの意見を吸い上げて上からの情報を現場にしっかり伝えることは、いい施設をつくるために重要だと思うので、そこは身についているというか目指したいところです。

『庵みやこじま』で働く魅力は?

『庵みやこじま』で働く魅力は?

介護職だけじゃなく、PT、OT、看護師、ドクター、薬剤師、みんなやさしいし、いい人!リハビリは僕も多少分かりますがもっと専門的なことも聞いたら教えてくれますし、医療的なことは常駐している看護師さんが答えてくれますし、みんな嫌な顔をせずやさしく教えてくれるので勉強になります。加えて毎月勉強会があるので、移乗や起き上がりなど基本的なことから教えてもらえて、イチから新しくはじめる人も勉強になると思います。

これからの目標を教えてください。

これからの目標を教えてください。

まずは介護福祉士の資格を取ること。早く資格を取って次の段階へいきたいですね。みんなをまとめるマネジメント力を身につけ、ゆくゆくは、施設全体を見られる立場を目指したいと思います。

メッセージ

メッセージ

みんなやさしいし、勉強にもなりますし、初心者の方大歓迎!明るい人、笑って仕事したい人、ぜひ来てください。

一日のスケジュール

11:00

出勤

利用者さんの状況やその日の申し送り事項を確認し、トイレ誘導、排せつ介助。昼食に向けてお茶をつくります。

12:00

昼食

配膳、移乗が必要な方は移乗、食堂へと誘導し、食事介助を行います。食後は口腔ケアも行います。

13:00

休憩(30分)

13:30

入浴介助

利用者さんを浴室へ誘導し、順次入浴をサポートします。

16:00

休憩(30分)

16:30

フロア待機

フロアで見守りを行いながら、夕食の準備、翌日のお風呂の準備を行います。

17:45

夕食

配膳、移乗が必要な方は移乗、食堂へと誘導し、食事介助を行います。食後は口腔ケアも行います。

18:30

就寝準備

口腔ケアが終わった方から、ナイトケアに入ります。パジャマに着替えて、居室へ誘導します。その後、夜勤者へ利用者さんの様子などを引き継ぎます。

20:00

退勤

インタビュー:2019年3月