井上 由美

スタッフ紹介

子どもとの時間を優先できる働きやすさがうれしい。あたたかい職場です。

井上 由美

介護老人保健施設 庵みやこじま

介護職 | パート | 2015年入職

介護の専門学校を卒業後、介護福祉士の資格を生かし特養などで正職員として働く。結婚後は家庭を優先し、派遣やパートタイムに働き方をシフト。2015年頃、元同僚に誘いを受け、サービス付き高齢者向け住宅「庵とよさと」に入職。2018年3月から介護老人保健施設「庵みやこじま」へ。

『庵みやこじま』を選んだ理由を教えてください。

『庵みやこじま』を選んだ理由を教えてください。

以前の職場で一緒だった方に声をかけてもらい、最初は「庵とよさと」に入職しました。居宅は初めてでしたが、その人と一緒にお仕事したいな、学びたいなと思ったので思い切ってチャレンジしました。そこから子どものことや勤務時間について上司に相談していたところ、新しくできた「庵みやこじま」に異動して助けてくれないかと。そこでまた、老健という新たな職場で働くことになりました。

お仕事のやりがいを教えてください。

お仕事のやりがいを教えてください。

介護の魅力は、人相手なので一人ひとりが違うこと。正解がないけれど、できることを考えてみんなで話し合ってケアしていくのは、すごく魅力的な仕事だと思います。老健は一定期間しかいられないので少し寂しい気持ちもありますが、皆さんがリハビリを頑張られて元気になったり、お顔の表情が柔らかくなったりされると、やっぱりうれしいなと思います。在宅復帰がいいことなので、そこに向けて介護、看護、リハビリが一丸となって頑張っているところです。

お仕事の中で大変なことはありますか?

お仕事の中で大変なことはありますか?

本当はもっとしたいケアもあって、もどかしさを感じることもあります。また、日々ケアの仕方は変わっていくので私のようにパートの職員は情報収集が大変です。ただ、月に1回は研修をしてくださるので、働きながら新しい情報に更新できます。介護技術をはじめ、リハビリについてはセラピストの先生に聞けたり、医療については看護師が答えてくれたり、いつでもすぐ聞ける環境なので不安になることは少ないですね。

お仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

お仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

施設全体が笑顔に包まれるようなあったかい感じになったらいいなと思っているので、常に笑顔は心掛けています。

『庵みやこじま』で働く魅力は?

『庵みやこじま』で働く魅力は?

昨年の夏、子どもが病気をしてけっこう休んでしまったんです。迷惑をかけてしまうので仕事を辞めようかと悩んだりもしましたが、「お子さんを優先してね」と皆さんすごくやさしくて、上司も「時間短縮もできるし、もう少し様子を見て」と言ってくれて。とにかくやさしい職場なので、今も続けられています。そういう面がいいところかなと思いますし、普段から子どものことで休みやすいので、すごく助かっています。

メッセージ

メッセージ

その方に合わせた仕事のスタイルの相談に、上司の方も積極的に乗ってくださいます。短い時間でも働けるので、介護に興味がある方が来てくださるとうれしいです。

一日のスケジュール

9:30

出勤

利用者さんの状況やその日の申し送り事項を確認します。

10:00

入浴介助

入浴当番にあたっている日は、利用者さんを浴室へ誘導し、順次入浴をサポートします。

11:00

フロア待機

トイレ誘導、排せつ介助を行います。その後、昼食に向けて配膳をはじめます。

12:00

昼食

移乗が必要な方は移乗、食堂へと誘導し、食事介助を行います。食後は口腔ケアも行います。

13:00

休憩(1時間)

14:00

レクリエーション

正職員がメインとなって行うレクリエーションを手伝います。利用者さんの様子を見て、トイレ誘導、排せつ介助を行います。

15:00

おやつ

16:00

引き続きフロアの様子を見ながら、ナースコール対応を行い、掃除、洗濯を行います。その日の記録漏れがないか最終チェックして業務終了です。

16:30

退勤

インタビュー:2019年3月